「コバキン農園たより」発行にあたり

     定年退職して、我が家のわずかがかりの畑と親せき、同級生の畑を借りて百姓のまねごとをしています。

     なるべく化学肥料や農薬、除草剤にたよらないで栽培できればと思いながら続けてきました。

     他の人と比べて恥ずかしい限りですが、農協の高畠枝豆部会に加入し出荷しています。また、高畠の直売場に野菜を出しています、

     採算的には全然ダメで、リースの軽トラックの支払いのために働いている感じてす。でも、我が家で食べる安全で美味しい新鮮な野菜を腹一杯食べられる満足感。野菜を育て販売する楽しみ。働くことで健康でいられる幸福感。

    「俎農地水環境通信」も一区切り終了。変わって、ボケ防止に発信。読んでくださいね。(コバキン農園たよりno1号・h29.4.15)

[PR]
by kinchan-kb | 2018-01-03 19:55 | 農園たより・あさつゆ
<< 新鮮で安全な野菜を直売場に出荷して 森友学園、こんなに新聞は違うも... >>