新鮮で安全な野菜を直売場に出荷して

毎年のことだが、私の玉ねぎ作りはうまくいかない。昨年は早めに播種し丈夫な苗を植えたつもりだが、やはり苗が雪腐れで7割がダメになった。

それでも、来年は良くしようとこりずに毎年挑戦するのが百姓です。

春先の旬はクキタチですが、直売場に出しても一斉に出回るので売れ残るため、煮て茎立ち干してにするのですが、食べずに虫が出て捨てている毎年です。今年は、晩生のクキタチを植えました。今年はまったく売れ残りがなく完売です。

直売場に出荷して、自分のものが売れ残っている時は、悲しい思いになります。反面、完売の時は嬉しいです。今年も新鮮で安全な野菜を育て直売場に出荷したいです。(コバキン農園たよりno2号・h29.5.15)

[PR]
by kinchan-kb | 2018-01-03 20:06 | 農園たより・あさつゆ
<< ニンニクを栽培して・土作りが基... 「コバキン農園たより」発行にあたり >>