無農薬有機農業を続け40年

   29歳の時、薬の副作用で半年入院生活。西洋医学一辺倒の現代医学に疑問を感じ、退院後東洋医学を学び、米は消毒をしない玄米を食べたい思いから無農薬有機農業を続け40年になります。

    中古のバインダーを購入。今年は順調に刈り取り出来たと思っていましたが半分くらい刈った頃、突然刈り取り不能、いつもの故障と違った感じ。早速、農機具屋さんに電話したら、コンバインの修理とのこと。

    それでも、早速来てくれた。やはり直ぐには修理不能であった。直ぐ、代わりのバインダーを手配してくれた。今の時代の我々のような自給農家を助けてくれる農機具屋さんがいることに感謝・感動の収穫の秋だった。(コバキン農園たよりno7号・h29.10.15)


[PR]
by kinchan-kb | 2018-01-03 20:41 | 農園たより・あさつゆ
<< 私たちのような小農が農業を続け... ネキリ虫で今年の雪音(枝豆)は... >>